抜け毛の原因~ストレス:スカルプD~抜け毛防止・薄毛対策

抜け毛の原因には様々なものがありますが、毛穴に詰まった皮脂も抜け毛の原因になるといわれています。
毛穴に詰まった皮脂をきれいに取り除き頭皮の環境を整えるスカルプDの紹介です。

抜け毛の原因~ストレス

抜け毛の原因としてよく言われるのがストレスです。

ストレス社会といわれる現代ですが、ストレスは発毛に大切な頭皮の環境を悪くするといわれています。

スカルプDの商品は、ストレスなど様々な要因で悪化した頭皮の環境を発毛しやすい環境に導く成分が配合されています。

たとえばスカルプDシャンプーには、発毛を阻害する「5α-リダクターゼ」の働きを抑制する「オオバナサルスベリエキス」「ホウセンカエキス」
毛穴に詰まった皮脂を分解し取り除く「サリチル酸」
フケやかゆみを防止する「ピロクトンオラミン」
など、発毛に必要な頭皮環境を整える成分が多く配合されています。


血行不良による抜け毛

毛髪の発育させるには、毛母細胞に十分な栄養を与える必要があります。
発毛に必要な栄養を運ぶ役目をしているのが血液です。

血液の流れは自律神経によってコントロールされていますが、ストレスを受けることによって自律神経が緊張し、血管を収縮させ血液の流れを悪くします。

その結果、毛母細胞に十分な栄養が届かなくなることで抜け毛の原因となります。

そんな血流の改善によく使われる成分が「センブリエキス」で、ジェット型育毛トニックスカルプジェットに配合されています。


睡眠不足による抜け毛

毛髪が発育するのは、寝ているときに働く副交感神経によるものです。
また、副交感神経は昼間に受けた髪へのダメージも修復する働きもしています。

ストレスを受けるとこの副交感神経の働きを弱くします。
さらに睡眠不足になることで抜け毛や薄毛になりやすくなります。

内臓の働きが弱くなることによる抜け毛

ストレスは自律神経に影響を与えるため内臓の働きを弱めます。

そのため、毛髪の発育に必要なたんぱく質やミネラルの吸収が悪くなることで抜け毛や薄毛を招くことになります。

アドレナリンの過剰分泌による抜け毛

ストレスによってアドレナリンが過剰に分泌されると体内の活性酸素が増加します。 活性酸素が増えると皮脂線を刺激して皮脂が過剰に分泌されます。

そのため、毛穴に皮脂と角質が混ざり合って毛穴を塞ぎ育毛の妨げになります。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0