FX取引のスワップポイント

FX取引スワップポイントというのは、ゼロに近いような金利の円や高い金利のドルといったように外国の通貨の間には金利の差というのがあります。
その金利の差を配当してもらえるというのがFX取引におけるスワップです。

たとえば100万円を円で銀行に預けるか、ドルでアメリカの銀行に預けるのかによっては金利の差が出てきますが、その金利差がFX取引のスワップにります。

円売りドル買いした1万ドルのFX取引の買いポジションを保有しているとすると、金利差によっては毎日FXのスワップポイントが150円から155円もつく場合もあります。
これを1か月に換算すれば1か月でFX取引のスワップポイントが4500円もつくことになりますから1年間に1万ドル預けていれば5万4000円も金利が付くことと同じことになってきます。
FXをする際のメリットとしてこのスワップポイントを目当てに金利の差で稼ぐ人も多くいるようです。

一方先ほどの逆でドルを売って、円を買った場合には金利の差がマイナスになるので、毎日150円払わないといけなくなり1か月で4500円も損をするということになりますから、できるだけFX取引のスワップポイントで成功したい場合には、通貨の金利差を確認してプラスになるような外貨のペアを選んでFX取引をする必要があるということになります。




Copyright (C) 定年からのFX資産運用. All Rights Reserved.