FX取引のスプレッドとは

FX取引をしていると必ずスプレッドという言葉が出てくると思いますが、FXのスプレッドというのは何かというと、売値と買値の値段の差のことをFXのスプレッドといいます。

なぜ売値と買値の値段が違うかというと、FX会社というのは手数料ということでこのFXスプレッドの中の利益を取っていますので、中には手数料無料のFX会社もあるということになります。

手数料が取られているFX会社の場合にはこのスプレッドと手数料と両方とっているということになりますから実はムダなお金だったのですね。FXのスプレッドは安い方がいいので探してみると安いFX業者は簡単に見つかると思います。FX初心者には、手数料が高いところが多いですができるだけFXのスプレッドが安いところを探すといいと思います。

FXスプレッドを比較して業者を選ぶこともできますからFXスプレッドの意味をまずは理解していくことが必要になります。FX取引する場合は、少しでも売買の差が最少のところが一番いいのにこしたことはありません。最近では1銭というところも出てきています。

FX業者を比較する際には、FXスプレッドやレバレッジに注意して比較してみることも大切になってきます。FX会社によって本当にFXスプレッドの金額も、FXレバレッジの倍数も違っていますからいろいろと比較検討してみましょう。




Copyright (C) 定年からのFX資産運用. All Rights Reserved.