FX取引のレバレッジとは

FX取引をするうえでレバレッジは必ず理解しなければいけないとても重要なものになります。 レバレッジというのはFXの魅力のひとつでもありますから理解しておかなければいけません。

FX取引のレバレッジというのは、自分の資金の何倍も取引をすることができるテコの原理のことをいいます。レバレッジとはテコのことですが、資金が百万円だった場合に、1ドル100円であれば一万ドル購入することができます。しかしこの場合はテコが全く一緒ですからレバレッジは1倍ということになるのです。

ではテコの原理を使った場合のレバレッジは、100万円で2万ドル買った場合にはレバレッジは2倍になって、100万円で10万ドルの取引をした場合にはレバレッジが10倍ということになります。
このようにテコの原理を使えば手持ち資金の何倍もの取引ができるようになるのです。

このFX取引のレバレッジというのはFX会社によっていろいろ異なってきます。控え目にしているようなFX業者の場合でもレバレッジは10倍くらいまで可能だといわれていますが、活発なFX取引を行っているような業者になるとレバレッジが100倍とか300倍ということもありますから注意しておいた方がいいでしょう。

特にFX取引を初めてする場合は、最初はレバレッジが低いところからスタートさせていきなり何百倍のレバレッジをかけるのはFXのリスクが高すぎますから注意しましょう。
多くても10倍くらいでFX取引をするのが無難でしょう。




Copyright (C) 定年からのFX資産運用. All Rights Reserved.