FX取引のポジションとは

FX取引ポジションはよく聞く言葉ですが、FX取引のポジションというのはどうゆうことなのかというと、円とドルの通貨を買って持っていることをドル/円の買いポジション、円とドルの通貨を売って持っていることをドル/円の売りポジションを持ったといういい方をFX取引の中では言います。

また少し難しくなるとFXのポジションのほかにも、ドル/円をロングしたという言い回しもFX取引の中では出てきます。
ポジションは日本語にすれば持ち高のことですからFXで外貨を買っているか売っているのかその状況を示すのがポジションという言葉になります。

FX取引で外貨を買っている時には買いポジションといい、FXで売ってい時には、売りのポジションといういい方をするようになっています。別にわざわざFX取引の際にポジションとう言葉を使わなくてもいいのではないかという人もいるかもしれませんが一般的にFX取引をするうえではポジションという言葉を使って取引をします。

たとえばアメリカのドルを10万円買っているというFX取引の状況をポジションを持っているといいますが、FX取引では外貨を持っていない時にも外貨を売ることからスタートすることもできます。
外貨を売る場合には何も持っていないことになりますが、このときもポジションを持っているとFX取引の中では使います。




Copyright (C) 定年からのFX資産運用. All Rights Reserved.