FX取引と株取引の違い

FX取引株取引の違いについて簡単に説明します。
FX取引と株取引はどちらも投資の種類には違いがないのですが、株とFXはどう違うのかはっきりとわからない人も多いのではないでしょうか。

株取引と大きく違っているという点は会社ではないので倒産がありません。株の場合には株を持っている会社が倒産してしまった場合には、株券は全く価値のないものになってしまいますが、FX(外国為替証拠金取引)は外貨で取引をしますから倒産という心配がありません。また天井や底値といったある程度の限度があるのも株に比べると安心して取引ができる部分ではないでしょうか。
そして株取引は証券取引所が開いている時間でしか取引することはできませんが、FX取引の場合には24時間取引ができるというのも大きな違いです。
そして上がりそうな株を前もって情報を入手するインサイダーなども一切ありませんからその点でもFXと株取り引きでは違っていることです。

株取り引きの際には株の価値が0になってしまうこともありますが、外貨での取引ですから外貨の価値が0になるということは絶対にありません。その点から考えても株の取り引きに比べるとFX取引はいろいろとリスクが少ないことや取引時間が長いという点で取引しやすいといわれています。

FX取引と株取引は同じ投資ではありますが、全く違う投資スタイルとも言えます。また株に比べると最初の投資資金が少ないということも大きな違いです。




Copyright (C) 定年からのFX資産運用. All Rights Reserved.